イベント概要

イベント名WCAN 2013 Winter
日程2013年12月21日(土) 12:00 -受付開始 11:00-
会場名古屋国際会議場 会議室 141+142
〒456-0036 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1
地図・アクセス方法
TEL : 052-683-7711
定員240名
会費一般 / ¥3,000 学生 / 無料
※領収証は当日お渡しいたします。
お支払い方法はログイン後に本ページ左メニューに表示されます。
懇親会国際会議場内 カスケード 3号館 B1F
18:00 - 20:30
費用:¥5,000
定員:120名
普段は懇親会のみの参加は受け付けておりませんが、冬の懇親会はWCANの忘年会を兼ねており、
懇親会のみの参加も受け付けております。
twitterタグ#wcan
申込開始2013年11月11日(月) 17:00
申込締め切り2013年12月20日(金)
※当日、受け付けでの現金払いには対応しておりません。
銀行振込をご希望の場合は2013年12月20日(金)午前10時までに振り込み可能な方。
PayPal振込をご希望の場合は2013年12月20日(金)午後23時59分までに振り込み可能な方のみ受け付けます
主催有限会社アップルップル
  • 人数が多くなった際にイス席を用意する事があります。
  • 席の位置にもよりますが、電源は必ずしも用意できるわけではありません。電源をお使いになりたい場合はお早めに会場入りをお願いいたします。
  • 遅刻・途中退席については可能ですが、参加費の返金はありません。

タイムテーブル

11:00受付開始
12:00オープニング+ロゴ入賞作品の紹介+ライトニングトーク (35分)
12:50SESSION-1 (60分)+質疑応答 (5分)
13:55休憩 (15分)
14:10SESSION-2 (60分)+質疑応答 (5分)
15:15休憩 (15分)
15:30SESSION-3 (60分)+質疑応答 (5分)
16:35エンディング
17:00(移動)
18:00懇親会

2014年のWCANロゴ二次審査について

募集要項・詳細についてはこちらを確認してください。
WCANロゴ投票の一次審査で得票数上位3作品を入賞作品として発表します。当日の参加者がそれぞれよいと思う作品に一人一票投票し、この投票の結果、最も得票数が多かった作品が2014年のWCANのロゴマークとして採用されます。 採用された作品は懇親会・忘年会の席で結果を発表し、授賞式を行います。

セッション情報・スピーカー

日本のCMS事情をまとめてみる

ふと思い起こすともう9年ほどCMS案件をやってきました。その間、日本のCMS事情もいろいろ変わってきており、その昔はCMSなんて要求されることがなかったのに、今ではアタリマエのようにCMSというキーワードが入ってきています。

しかし、その種類も昔ながらのEnterpriseなCMSだけではなく、ブログCMSやMicroCMS、そしてSaasなCMS等々、多種多様になってきており、お客様の要求に応えるCMSは何なのか?という問いに答えるのも悩ましいところだったりします。 また、「どこからでてきたのか?誰の入れ知恵だ?」と思ってしまう謎なお客様のCMS要求もあったりして、案件をスタートしてみるとその要求を満たすこと自体が全くナンセンスに思える場面に出会うことも珍しくありません。

今回は久しぶりのセッション担当ということもあり、そんな悩ましいデキゴトを散りばめつつ、あらためて日本のCMS事情をまとめてみたいと思います。

藤田 拓さん

富山県高岡市出身、東京大学在学中にUNIXに触れ、システム系へ。 2004年、株式会社ミツエーリンクス入社。2008年より取締役就任。ウェブ標準、ブログ、CMS、ソーシャルメディア関連の案件に携わる。 2011年7月〜2012年6月、ミツエーリンクス非常勤取締役。 2011年8月、コトトイ・ファクトリー株式会社を設立し代表取締役として活動。

クライアント・グローバル視点でのコミュニケーションプランニング

コンペに勝った企画書や、グローバル案件での事例を用いつつ、相手や市場を見る事の重要さについてお伝えします。

鈴木 曜さん

Great Works TOKYO Office 代表取締役社長 / Exective Creative Director

自動車メーカーでのWebマスターを経てスウェーデンのクリエイティブエージェンシー「Great Works」に移籍。わずか一年でグループ最年少のリージョン代表に抜擢され、多国籍なクリエイター集団を統率している。TOSHIBAやH&Mなどグローバル企業の広告を手がける。国内外で広告賞の受賞歴多数。

スマホサイトが嫌われる理由と改善方法

パソコン以外から Web アクセスが当たり前になった今日。多くの企業がスマートフォンに特化したサイトを開設して対応しているものの、利用者からの「パソコン版のほうが良い」という声が目立ちます。こうした利用者の不満の原因は、スマートフォン向けサイトではコンテンツが見れなかったり足りない場合があるからといわれています。見た目や使い勝手はスマートフォンに最適化されたサイトは少なくありませんが、中身のケアまで行き届いていないわけです。

今の利用者は賢いです。たとえ、素敵なデザインで誤摩化したとしても、コンテンツがあるかないかをすぐに嗅ぎ分けることができます。利用者にとって「良い Web サイト」は、カッコいいグラフィックではなく、彼等が求めてるコンテンツがあるかどうかです。小さなスクリーンで、回線が安定しないスマートフォンだと、利用者のニーズはよりシビアになります。

作る前に始めておきたいコンテンツ設計ですが、あまり注視されていない『未開の地』。パソコン向け Web サイトからの『資産』を散らかしたままサイトを作り続けても、ますます利用から遠い存在になる可能性があります。実は結構やることが多くて大変なコンテンツ設計のノウハウの紹介と、明日からできる改善策を紹介します。

長谷川 恭久さん

デザインやコンサルティングを通じてWebの仕事に携わる活動家。 アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。日本に帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。自身のブログとポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。

※順不同、登壇順は未定です。

ライトニングトーク

ウェブサイト運用支援と顧客とのコミュニケーション

ウェブサイトの設計初期段階で、クライアントのビジネスとその課題、ウェブサイト運用方針を共有するためのコミュニケーションのコツをご紹介します。

いちがみトモロヲさん

15VISION 代表。デジタルコミュニケーション運用支援、ウェブアプリの UI 設計を中心に活動しており、研修講師やテクニカルライティングなども行っている。石川県のウェブ制作コミュニティ「WDF」、UXコミュニティ「UX Kanazawa」をという 2 つのセミナーイベントを運営している。 Facebook: tomooichigami Twitter: @ichigami Blog: 15NOTE ( http://15vision.jp/mobile/note/

5分で分かる!MovableTypeの最新情報

企業サイトを中心に幅広く採用されているCMS「MovableType」の ここ数年間の変化について、5分間にまとめて紹介させていただきます。

鈴木健太郎さん

Webエンジニア

名古屋のWeb制作会社でMovableTypeのテンプレート作成・管理画面カスタマイズなどを中心にシステム導入の際の提案・サポートなどを行っています。

WEB歴約9ヶ月のド素人が無理矢理HTMLとCSS3だけで再現してみようと試みてみた。

普通だったらJavascript・画像を使うようなところもHTML/CSS3だけで作ってみました。CSS3でできることにもっと興味を持って、 CSS3を愛していただけるようにお話をしたいと思います。 プロフィール : 1994年生まれの愛知県津島市出身。管理していたブログが一時ヒットし、それ以来WEBの魅力引きこまれました。フロントエンドエンジニア / マークアップエンジニアになれるように日々勉強しています。

高橋 雅人さん

トライデントコンピュータ専門学校 Webデザイン学科 1年生

地方Webディレクターを救った、なーんか抽象的な話。

3年ほど前から、豊田市で中小企業のWebディレクションに携わることになったミズノ青年は悩みを抱えていました。 ディレクション対象の企業は他業種に渡ります。業界のことがわからないのに、ホームページの企画なんてできないよ(´Д` )

そんなミズノ青年に、あることがきっかけに光が射します。 「そうか!抽象的で応用の利く概念を身につければいいのか!」

自分の体験談を元に、Webディレクター(だけでなく、すべてのクリエイティブを生業とする人)が学ぶべき「抽象的な思考」のお話をさせていただきます。

水野 桂輔さん

株式会社ルーコ

変わってるより変わってくひと。2007年より豊田市の株式会社ルーコでWeb制作に関わっています。興味があるのはデザイン思考、HCD、情報デザインなど。勉強した手法を試しつつ日々ものづくりをしています。尊敬する人は糸井重里と曽我部恵一。近況としては、5ヶ月になる娘が可愛くてしかたありません♪(´ε` )

オープンソースのPHP製汎用メールフォームシステム「TransmitMail」のバージョン2をご紹介します

TransmitMail 2の概要と新機能をご紹介します。

多川 貴郎さん

スタンドファーム株式会社

三重県桑名市出身。名古屋のウェブ制作会社でプログラマー・マークアップエンジニア・ディレクターとして経験を積んだ後、フリーランスを経て、クラウド型請求書管理サービス「Misoca」を開発、運営するスタンドファーム株式会社にジョイン。個人的に運営・管理している「Web制作小物ツール」「TransmitMail」は、Web制作者・ブロガー・社内ウェブ担当者に多く利用されている様子。好きなプログラミング言語は、PHP・Ruby・JavaScript。

自動化ツール「grunt.js」について

Sassのファイル監視、JavaScript等のファイル圧縮など、Web制作の開始時に必要な作業は増え続けています。 それらの細々とした「タスク」を自動化する、JavaScirptベースのツール「grunt.js」の基礎をご紹介します。

口田聖子さん

WebbingStudio

今回のライトニングトーク(発表時間5分)は6人の方に参加頂きます。

よくある質問

お申し込みについて

WCANへ参加するにはどうしたらいいですか?

WCANの参加申し込みページよりお申し込みください。参加する際にはWCAN メンバー登録が必要になります。 申し込みは定員制で、先着順で受付となります。お早めにお申し込みいただくことをおすすめします。お申し込み後に、メンバー登録時に設定したメールアドレス宛に受講票を送付いたします。(事前に関連情報の配信や当日までの案内も行います)

受講票はいつごろ送られてきますか?

ログイン後、申し込みページからお申し込みいただくと、自動返信で登録メールアドレス宛に受講票メールが送信されます。

受講票が届きません。

受講票メールが届かない場合、お申し込みが完了していない可能性があります。 お申し込み時のフォームは入力・確認・完了の三段階となっていますので、今一度ご確認ください。 不明な場合はinfo(at)wcan.jpまでお問い合わせください。

領収書は発行いただけますか?

当日受付時、全員に無記名の領収書を発行します。 WCAN本編、懇親会は別の領収書として発行しています。

複数人の参加費を一括で支払えますか?

社員の参加費を会社でまとめてお支払いいただく場合など、申込者と支払者が異なる場合には info(at)wcan.jp まで「参加者・参加内容(本編、懇親会)」をご連絡ください。

どういう人が学生にあたるのですか?

高校、高等専門学校、大学、大学院、専門学校の生徒を対象としています。 申し込み際に学生としてお申し込みいただき、当日受付に学生証をご提示ください。

当日でも受講できますか?

当日の参加申し込みは行っておりません。事前にお申し込み・お支払いをお願いいたします。

キャンセルするには、どうしたらいいですか?

申し込みいただいた後、やむをえずイベントをキャンセルされる場合は、ログイン後マイページからキャンセルフォームよりお知らせください。 入金後のキャンセルは、お申し出の時期によっては返金いたしかねる場合があります。詳しくは注意事項をご覧ください。

当日の受講について

会場では飲食できますか?

会場内の飲食は可能ですが、基本的に休憩時間に限るものとしていただき、本編セッション中はお飲物程度としていただきますようお願いします。

会場では喫煙できますか?

名古屋国際会議場の喫煙コーナーは中庭(1、2、4号館前および3号館1階ピロティ)にあります。 館内は禁煙ですので、ご協力をお願いします。

ネット接続の環境はありますか?

会場では試験的に無線LANを開放しています。ただし、接続できる人数や速度に制限があります。また、予告無く無線LANの提供を中止する場合があります。 個人での接続環境のご用意にご協力ください。

ノートパソコン用の電源はありますか?

会場内の席の位置にもよりますが、電源は必ずしも用意できるわけではありません。電源をお使いになりたい方はお早めに会場入りをお願いいたします。 また、会場には電源タップはご用意していません。電源タップをお持ちいただけると皆さんで共用できます。ご協力ください。

駐車場はありますか?

名古屋国際会議場には約600台分の駐車場があります。料金は、一般車両は1日1回700円です。 駐車台数に限りがあり、イベント開催時など混雑しますので、公共交通機関のご利用にご協力ください。

何を持っていけばよいですか?
  • 受講票メールのプリントアウト(受講者番号の控え)
  • 名刺
  • 筆記用具
  • 学生証(学生で申し込みをされた方)

上記のものをお持ちいただくことをおすすめします。たくさんの方が参加されます。休憩時間など名刺交換の時間もありますので、名刺を多めにご用意ください。 ノートパソコンについては必ずしも必要ではありません。各自のご判断でお持ちください。なお、電源は会場・設営の都合上利用できない場合もあります。ご了承ください。

セミナー途中の入退場はできますか?

遅刻・途中退席については可能ですが、参加費の返金はありません。ご了承ください。