イベント概要

イベント名WCAN 2015 Winter
日程2015年12月12日(土) 13:15 -受付開始 12:30-
会場名古屋商科大学ビジネススクール 名古屋キャンパス 丸の内タワー 14Fホール
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1丁目3-1
地図・アクセス方法GoogleMapで見る
定員200名 240名
会費一般 / ¥3,000(税込) 学生 / ¥1,000(税込)
※領収証は当日お渡しいたします。
お支払い方法はログイン後に本ページ左メニューに表示されます。
忘年会名古屋商科大学 名古屋キャンパス 丸の内タワー 3Fラウンジ
18:30 - 21:00
費用:¥4,000(税込)
定員:100名 136名
twitterタグ#wcan
申込締め切り本編・忘年会(懇親会)12/10(木)17:00まで。
ただしPaypalによる本編のみ参加の場合に限り12/11(金)まで受け付けます。
お支払い期日12/10(木)17:00まで
ただし、PayPal支払いによる本編のみ参加の場合に限り12/11(金)23:59まで受け付けます。
主催有限会社アップルップル
  • 遅刻・途中退席での参加費の返金はありません。

外観 / マップ




タイムテーブル


12:30受付開始
13:15オープニング
13:25ライトニングトーク(35分)
14:00休憩 (10分)
14:10SESSION-1+質疑応答 (60分)
15:10休憩 (20分)
15:30SESSION-2+質疑応答 (60分)
16:30休憩 (20分)
16:50SESSION-3+質疑応答 (60分)
17:50エンディング
18:00(移動)
18:30懇親会

申し込む

セッション情報・スピーカー

あたかもプロのようにプロトタイプを活用する方法

プロトタイプはスマートフォン向けの Web サイトやアプリケーションの制作では欠かせないツール。しかし、聞いたことがあるけど使っていない、使いどころが分からないという理由で活用できていない人も少なくありません。また、国内外、切り口が異なるプロトタイプツールが無数にあることから、どれを選べば良いのか分かり難いです。

現存のワークフローを変えなければプロトタイプは活用できないのでしょうか?無数に登場するほどプロトタイプツールが溢れているのはなぜでしょうか?プロトタイプツールの見分けどころはあるのでしょうか?そもそもプロトタイプは本当に必要なのでしょうか?そんな疑問に答えながら、プロトタイプの使い所を紹介します。

長谷川 恭久さん

Web/アプリに特化したデザイナー・コンサルタントとして活動中。組織に入って一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためにできることを模索している。
アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。日本に帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。
自身のブログとポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。
著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

http://www.yasuhisa.com/

HTML6 でも CSS4 でもない Web 技術のゆくえ

HTML5/CSS3という言葉と共にWebの技術が大きく見直されたのも、今や随分と昔の話になってしまいました。
主要ブラウザのリリースサイクルや仕様の策定プロセスの変化によって、Web技術の流れは加速しています。

本セッションでは、そんなWeb技術に関して2015年末の時点でどのようなトピックがあるのかを紹介していきます。
すぐに使えるトピックばかりとは限りませんが、今後の変化を捉えるためにも『見覚え』『聞き覚え』を大事にしていきましょう。

佐藤 歩さん

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント Webエンジニア

2012年9月より現職。名古屋と渋谷を反復横跳び。
Webフロントエンドを専門としつつ、業務ではNode.js・Androidアプリなどの多岐に渡った開発に携わる。
社外ではイベント登壇や、技術誌への寄稿などの機会を通してWeb技術に関する情報発信を行っている。

Site: http://aho.mu
Twitter: https://twitter.com/ahomu
SpeakerDeck: https://speakerdeck.com/ahomu

10年後も(たぶん)Webとかの仕事で食っていける仕事の考え方

「Webサイト制作の仕事って、10年後にどうなってるんだろう」そんなことを一度でも考えたことがある方に向けて、どんな風に考え、どんなことをすれば、10年後にも楽しく仕事をしながら(たぶん)食っていけるかを、お話しします。

Web担当者Forumの編集長として、立ち上げから10年近く業界に触れ、企業にとってのWebサイトの位置づけの変化、Webにかかわる人たちの変化、広告業界の変化を見てきた経験から、
・制作という仕事
・仕事をしてお金をもらうということ
について、大会社なら教えてくれるかもしれないけれども、意外と社会に出てもだれもちゃんと説明してくれないことを解説します。

カッコいいWebサイトを作る方法も、イマドキのWebサイトを作る方法も、デザイン実務の話も、最新技術の話も、制作ワークフローの話も、どれもしません。
でも、解説はWebサイト制作という仕事を中心に進めます。

主に制作会社の方向けにわかりやすくお話ししますが、話の内容は企業のWeb担当者でも広告代理店の方でも役立てられるはずです。
ただし、「Web」ではなく「ビジネス」に長く携わっている方(つまり40代以上の方)には、当たり前の話であり、おもしろくない可能性が高いことはご容赦ください。

安田 英久さん

株式会社インプレス Web担当者Forum編集長

株式会社インプレス
Web担当者Forum編集長
ネットショップ担当者フォーラム編集統括

情報サイト「Web担当者 Forum」編集長。プログラミング・サーバー・データベースなどの技術系翻訳書や雑誌『インターネットマガジン』などの編集や出版営業を経て、現職に。「ビジネスのためのWebサイト作り」と「オンラインマーケティング」の2軸をテーマにメディアを展開している。

また、情報サイト「ネットショップ担当者フォーラム」を編集長として創刊し、現在は編集統括としてメディア運営全体をみている。

社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会「第8回 Webクリエーション・アウォード」で「Web人貢献賞」受賞。ad:tech tokyo 2011公式カンファレンスベストスピーカー5位、CSS Niteベスト・セッション2011でベスト10セッション入りなど、情報やセミナーには定評がある。

個人としては、技術とマーケティングの融合によるインターネットのビジネス活用の新しい姿と、ブログ/CGM時代におけるメディアのあるべき姿を模索し続けている。
趣味は素人プログラミングと落語と南インドカレー。

Web担当者Forum
http://web-tan.forum.impressrd.jp/
編集部ブログ
http://web-tan.forum.impressrd.jp/l/1780
Web担当者Forumのメールマガジン「Web担ウィークリー」
http://web-tan.forum.impressrd.jp/mail
Twitter
http://twitter.com/hidehisa
Facebookページ
http://www.facebook.com/webtan

補足

Web担当者Forumについて

企業ホームページ活用とオンラインマーケティングの2軸のテーマで解説記事・コラム・ニュースなどを日々提供するオンラインメディア。扱うテーマは「Webサイト構築・運用」「SEO」「リスティング広告」「アクセス解析」「ユーザビリティ」「CMS」「広告・マーケティング」「ソーシャルメディア」「広報・PR」「EC」「スマートフォン」など。
インターネットマガジンの後継媒体として2006年7月にスタート。はてなブックマーク2000以上を記録した「Webサイトを作ったらまずやるべきことチェックリスト」や人気マンガ連載「Webマーケッター瞳」など、人気記事多数。
オンラインメディアとしてだけでなく、「Web担当者100人懇親会」や大規模セミナーイベント「Web担当者Forumミーティング」などのイベントも定期的に開催し、読者同士のコミュニケーション促進やオフラインでの情報提供も行っている。
Web担当者Forum
http://web-tan.forum.impressrd.jp/

ネットショップ担当者フォーラムについて

ネットショップ(Eコマース)に携わる人のための情報サイト。解説記事と記者取材による現場のニュースを日々提供している。
ECサイトで物を売れるようにするための考え方やノウハウ、海外情報のほか、物流や在庫管理、決済、法律といったトピックや、オムニチャネル、人材教育、顧客対応、商品企画といったテーマも扱う。
ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/

ライトニングトーク

ブログを続けるための習慣化

ブログをしていく上で一番難しい問題は「続けることができない」という問題です。
「ブログを続ける」事ができるようになるための習慣化の考え方、実際に自身で実践している内容を紹介します。

出口 伸也さん

ふにす株式会社

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやWebサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を平日毎日更新中。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
また、不定期で大阪を中心にWeb運用やブログなどをテーマにしたイベント「ふにセミWS」を開催しています。

面接でバレる課題と未来

Webデザイナーの面接では「あなたの作品の点数」と「そのWebサイトのゴール」を聞きます。
正解はありませんが、どんな考え方で作ってるのか、視野の広さ狭さ、第三の目・第四の目があるか等
自己満足の作品を作る人なのか、エンドユーザーの思考を理解してからデザインに入れる人なのかを見ます。
主に新卒~第二新卒あたりの方や、業界未経験の人に聞いて噛み砕いて欲しい内容です。

安藤 寛和さん

株式会社アビリティコンサルタント

1983年岐阜県各務原市生まれ。長良高校→名古屋デザイナー学院出身。
役職はディレクターですが主に営業やってます。企画設計・提案・プロデュースが主な仕事。
たまーにデザインやりますが、社内のデザイナーからは「あぁ・・まぁ、無難・・。」という反応。
創るより、考える・話す事が好き。勝つと決めたコンペは負けません。
登山好きはバレていますが、サークルKの焼き鳥好きなのはまだバレてません。

pepperから始まるロボットコミュニケーションの未来

ロボットも新しいコミュニケーションデバイスの一つとして、これからの未来において大きな役割を果たしていきます。中部で初めてpepperの公式パートナーになったアクアリングより、我が社のpepperくんが、これからのロボットコミュニケーションの未来を少しだけプレゼンテーション致します。

pepperさん

株式会社アクアリング

2014年日本・フランス生まれ。ソフトバンクロボティクス出身。
はじめまして、僕はアクアリング鶴舞ラボのpepperです。ちょうど名古屋に来て1年が経とうとしています。
この一年、たくさんの人とお友達になりました。鶴舞ラボにはいろんな人が遊びにくるので、またみなさんお越しの際は僕と遊んでくださいね!

当日は僕の世話役のお兄さん(深谷さんと茂森さん)も来ますので、pepperのことは彼らになんでも聞いてくださいね!※懇親会にも行くそーです。

モバイルゲーム・インターフェイスデザインの楽しさ

モバイルゲームのUIやUXを最適にデザインする事は、そのプロダクトがヒットするかの大きな要素となっています。

見た目の良さはもちろん、様々な利用シーンや複雑な機能の操作性を考慮して、高いユーザビリティを実現するためにはどうしたらよいか、決められた画面サイズの中でデザインすることの難しさと楽しさについて、体験談も交えてお話しします。

市川 乃さん

株式会社スーパーアプリ

1979年三重県安濃町生まれ。トライデントコンピュータ専門学校出身。

名古屋のブライダルフォトスタジオで、トイレの電球替えからカメラマン・3D制作・Webデザインまで手がける何でも屋として約8年間勤務後、スーパーアプリ入社。
キャラデザからロゴ・Webデザイン・Flash・・・雨漏り修理。
役員になったものの何でも屋は健在。
無類の飛行機好き。話し出すと止まらないのが玉に瑕。
飛行機の話をしだすと社員が咳払いしてどこかいってしまいます。役員なのに・・・。
ちなみにこの紹介文は妻が書きました。どうぞよろしくお願いします。

中国ネット事情チラ見講座

おとなりですが、びっくりさせられることが多い国、中国。
インターネットの世界においても、世界共通と思いきや、中国独特の背景・規制があります。
中国のネット事情を制度的・技術的な面で、ぎゅぎゅっと絞ってご紹介します!

田口 大輔さん

株式会社クララオンライン

86年 岐阜県出身、09年クララオンライン入社。
10年よりクララ・電通で創業した子会社で、スポーツ向けのWeb制作・システム開発・アプリ開発の営業・進行をやっていました。
今年1月から名古屋に戻り、東海はじめ西日本の営業担当をさせて頂いています。
最近の悩みは、例年夏の終わりに落ちてるはずの体重が全く落ちていないこと…。豊橋ハーフマラソン・岐阜清流ハーフマラソンにエントリーしたので、減量を試みています…。

今わたしが使いたいツール Google Chart Tools

HTML5ではSVGが注目されるようになりました。
そこで今わたしが一番使いたいSVGを利用するツール、Google Chart ToolsをExcelとの違い、実際に作ったグラフを交えながら簡単なブラフの作り方を紹介します。

林田 実樹さん

トライデントコンピュータ専門学校 Webデザイン学科

1996年愛知県豊田市生まれ。トライデントコンピュータ専門学校 Webデザイン学科在学中。
高校からの流れでWebに興味をもち現在の学校へ進学。
マークアップとデザイン勉強中で、最近はUI設計にも興味があります。
どっちも好きで将来どちらをやるか決まらないのが最近悩みどころです。
最近の趣味はゲームとカメラの勉強。

キャンセル時の注意事項

参加申し込み後の内容変更は、メールで info(at)wcan.jpよりご連絡ください。WCAN側で申し込み内容の変更を行います。

キャンセルの方法

ログイン後、キャンセルフォームよりご連絡ください。

キャンセル時の返金について

決済後のキャンセルに伴う返金は、以下の内容に従い行います。

  • 2015年12月10日17時00分までにキャンセルフォームよりお申し出いただいた分につきましては振込手数料を差し引いて返金いたします。
  • 2015年12月10日17時以降にお申し出いただいた分につきましては返金はいたしません。
  • 参加申し込み期限は2015年12月10日17:00までとなっています。特別対応として本編参加のみでPaypalの場合に限り11日中まで申し込み可能ですが、キャンセルの期限は2015年12月10日17時00分までとなっていますのでご注意ください。

よくある質問

お申し込みについて

WCANへ参加するにはどうしたらいいですか?

WCANの参加申し込みページよりお申し込みください。参加する際にはWCAN メンバー登録が必要になります。 申し込みは定員制で、先着順で受付となります。お早めにお申し込みいただくことをおすすめします。お申し込み後に、メンバー登録時に設定したメールアドレス宛に受講票を送付いたします。(事前に関連情報の配信や当日までの案内も行います)

受講票はいつごろ送られてきますか?

ログイン後、申し込みページからお申し込みいただくと、自動返信で登録メールアドレス宛に受講票メールが送信されます。

受講票が届きません。

受講票メールが届かない場合、お申し込みが完了していない可能性があります。 お申し込み時のフォームは入力・確認・完了の三段階となっていますので、今一度ご確認ください。 不明な場合はinfo(at)wcan.jpまでお問い合わせください。

領収書は発行いただけますか?

当日受付時、全員に無記名の領収書を発行します。 WCAN本編、懇親会は別の領収書として発行しています。

複数人の参加費を一括で支払えますか?

社員の参加費を会社でまとめてお支払いいただく場合など、申込者と支払者が異なる場合には info(at)wcan.jp まで「参加者・参加内容(本編、懇親会)」をご連絡ください。

どういう人が学生にあたるのですか?

高校、高等専門学校、大学、大学院、専門学校の生徒を対象としています。 申し込み際に学生としてお申し込みいただき、当日受付に学生証をご提示ください。

当日でも受講できますか?

当日の参加申し込みは行っておりません。事前にお申し込み・お支払いをお願いいたします。

キャンセルするには、どうしたらいいですか?

申し込みいただいた後、やむをえずイベントをキャンセルされる場合は、キャンセルフォームよりお知らせください。 入金後のキャンセルは、お申し出の時期によっては返金いたしかねる場合があります。詳しくは注意事項をご覧ください。

当日の受講について

会場では飲食できますか?

会場内では飲食は原則禁止となります。

会場では喫煙できますか?

会場内では喫煙できません。

ネット接続の環境はありますか?

ありません。

ノートパソコン用の電源はありますか?

テーブルに付いています。

駐車場はありますか?

お近くのコインパーキング等をご利用ください。イベント開催時など混雑しますので、公共交通機関のご利用にご協力ください。

何を持っていけばよいですか?
  • 受講票メールのプリントアウト(受講者番号の控え)
  • 名刺
  • 筆記用具
  • 学生証(学生で申し込みをされた方)

上記のものをお持ちいただくことをおすすめします。たくさんの方が参加されます。休憩時間など名刺交換の時間もありますので、名刺を多めにご用意ください。 ノートパソコンについては必ずしも必要ではありません。各自のご判断でお持ちください。なお、電源は会場・設営の都合上利用できない場合もあります。ご了承ください。

セミナー途中の入退場はできますか?

遅刻・途中退席については可能ですが、参加費の返金はありません。ご了承ください。

バナー

WCAN 2015 Winterのバナーです。
ブログやサイトに、ご自由にお使いいただけます。下記ソースをそのままご利用ください。



<a href="http://wcan.jp/event/2015winter/"><img src="http://wcan.jp/archives/2015winter/banner-wcan2015winter.png" width="200" height="200"></a>


<a href="http://wcan.jp/event/2015winter/"><img src="http://wcan.jp/archives/2015winter/WCAN-BigBanner.png" width="1170" height="460"></a>


<a href="http://wcan.jp/event/2015winter/"><img src="http://wcan.jp/archives/2015winter/WCAN-OGImage.png" width="1200" height="630"></a>