イベント概要

イベント名WCAN 2016 Autumn
日程2016年10月29日(土) 12:30 -受付開始 11:30-
会場名古屋国際会議場 会議室 141+142、131+132、133+134
〒456-0036 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1
地図・アクセス方法GoogleMapで見る
TEL : 052-683-7711
定員220名 240名
会費一般 / ¥3,000(税込) 学生 / ¥1,000(税込)
※領収証は当日お渡しいたします。
お支払い方法はログイン後に本ページ左メニューに表示されます。
懇親会世界の山ちゃん 金山南店GoogleMapで見る
17:30 - 20:30
費用:¥3,000(税込)
定員:80名
twitterタグ#wcan
申込締め切り本編・懇親会10/27(木)23:59まで。
お支払い期日10/27(木)23:59まで
9月中に申し込みをされた方は10/10(月)23:59までにお支払いをしてください。
10/11(火)の時点で確認が取れない方は一旦キャンセルとさせていただきます。
主催有限会社アップルップル
  • 席の位置にもよりますが、電源は必ずしも用意できるわけではありません。電源をお使いになりたい場合はお早めに会場入りをお願いいたします。
  • 遅刻・途中退席については可能ですが、参加費の返金はありません。
  • 参加申し込み後に、希望セッションの部屋を選択・登録を行ってください。登録が無い方は自動的に割り振りを行います。

タイムテーブル


11:30受付開始
12:30オープニング
12:401コマ目 (40分)+休憩 (20分)
13:402コマ目 (40分)+休憩 (20分)
14:403コマ目 (40分)+休憩 (20分)
15:404コマ目 (40分)
16:20エンディング
16:30(移動)
17:30懇親会

当日の流れ

秋のWCANはマルチセッション方式ということで、普段のWCANと少し違った参加方法になります。

■受付
1.最初に「総合受付」へお越しください。
受付は11時30分より開始します。会場へ到着したら、まず4Fの総合受付へ向かってください。

2.受講管理用バーコードで受付を行います。
総合受付では受講管理用バーコードで受付をしていますので、事前にWCANサイトにログインしていただき、本イベントページをプリントするか、スマートフォン等で表示したもののご提示をお願いいたします。バーコードの表示ができない方は、事前に受講番号を確認しておいてください。受講番号は今回のセミナー申し込み時に送信されているメール「【WCAN 2016 Autumn】申込通知 兼 受講票 セッション選択もお忘れなく!」をご確認ください。受講番号がわからない方は、受付の係員までお問い合わせください。

3.受講セットをお渡しします。
受付では、領収書、アンケート用紙(受講チケットを兼ねています)をまとめた受講セットをお渡しします。今回は選択式セミナーのため、個別に専用のセットをご用意しています。紛失しないようお気をつけください。

4.最初のセッション会場に向かいましょう。
受付が終わりましたら、最初のセッション会場に移動してください。参加者数と座席の数はほぼ一緒になっていますので、前から順番に詰めて着席していただきますようお願いします。

■セッション開始まで
今回は受付で配布されるアンケート用紙が受講チケットを兼ねています。着席したら、机の見やすい位置に該当セッションのアンケート用紙を置いてお待ちください。

■セッションの移動
各セッション間の休憩は20分となります。セッション終了後、アンケートは会場後方の回収箱へお入れください。次のセッションで部屋を変わられる際に、部屋の扉が開いていない場合はそのまましばらくお待ちください。

■セッション終了後
懇親会へ参加申し込みをされている方は「世界の山ちゃん 金山南店」へ移動してください。その際、受付時の赤いひものパスケースが入場の目印になりますので、かならず首にかけて移動してください。

ルームごとのセッション

room A room B room C
セッション1

ディレクターにとって絶対必要な「指示・指揮」のあり方

株式会社サービシンク
名村 晋治さん

『デザイナー&ディレクターが写真を上手に撮る本』から厳選版! 企業サイト制作で喜ばれる人物素材撮影に役立つTipsとノウハウ

株式会社ふわっと
岡田 陽一さん

「Good bye〜〜 floats and "clearfix" hacks」これからはFlexboxの時代

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
阿部 正幸さん

セッション2

アクアリングが考える、今後のディレクターに求められるスキル

株式会社アクアリング
藤井 英一さん

書体のおはなし ~ 一歩目 ~

フォントワークス株式会社
仁田野 良介さん

失敗から学ぼう!個人経営、小規模事業者のシゴトとヒトとオカネのこと

有限会社Tribes20
久保 亮輔さん

セッション3

マンネリ化したサイトデザインとはおさらば!高クオリティなイラストを使った唯一無二のWEBサイトを作ろう

株式会社WEB企画
竹内 将洋さん

マークアップって重要なの?あなたへ伝えたいマークアップの大切さ

有限会社アップルップル
森田 かすみさん

海外事業担当者必見!中国向けデジタルプロモーションのポイント

株式会社クララオンライン
吉村 真輝さん

セッション4

Growth Driven Design
成長を追求する、新しいWebサイト構築のメソドロジー

株式会社タービン・インタラクティブ
坂根 正樹さん

実際に使ったプレゼンテーション資料とデモデザイン

株式会社アビリティコンサルタント
安藤 寛和さん

経験者の目から見た、動画をウェブサイトに活用するためのノウハウ盛り込み過ぎコンプリートガイド!

コンクリートファイブジャパン株式会社
Katz Ueno (上野勝之)さん

セッション・スピーカー情報

ディレクターにとって絶対必要な「指示・指揮」のあり方

ディレクションを行う上で、どんなツールを使ったとしても、制作・開発のメンバーへの「指示」は必要になります。
「指示=命令」と感じ「同じ会社のメンバーに”命令”をする、というのは気がひける・・・」というディレクターは多いのではないでしょうか?
その結果は「ディレクターがするべきではないことまで全てを背負い込む」という流れになります。
我々Webの制作業に携わる人間は、これまでの「企業」にとっては普通だった「組織における指揮命令系統」の存在を否定し「自由こそがクリエイティブのあり方だ」「多彩な価値観を認め合うことこそがクリエイティブだ」と思う人も居るかもしれません。
しかし「仕事」である以上、そこに「指揮命令系統」はやはり必要であり、「どんな手段を使ってでも案件を決められた納期・コスト・リソース」で終わらせるディレクターにとっては「指示・指揮」のあり方を把握しておく必要があります。
また同様に「ディレクターから指示・指揮を受ける側」の人のありようについてもお話したいと思います。

名村 晋治さん

株式会社サービシンク

株式会社サービシンク 代表取締役
1996年からWebサイトの制作に関わる。
2010年に株式会社サービシンクを立ち上げ、不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション?HTML実装設計?システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
著書『Webブランディングの入門教科書』(マイナビ)、『変革期のウェブ』(マイナビ、共著)。
2000年からは東京をはじめとして全国各地で「Webディレクター養成講座」の講師として次世代のWebディレクターを育成している。

ブログ(Webディレクションやってます blog)

『デザイナー&ディレクターが写真を上手に撮る本』から厳選版! 企業サイト制作で喜ばれる人物素材撮影に役立つTipsとノウハウ

企業サイト制作では、経営者やスタッフ紹介のコンテンツは、とても重要な位置づけです。
ところが、実際に撮影するとなると、予算や諸事情でなかなかプロに外注できないケースが多いはず。
今回は、書籍『Web制作のための撮影から管理、レタッチまで〜デザイナー&ディレクターが写真を上手に撮る本』から厳選し、制作者が自分で撮影するためのTipsを、必要な機材選びから、よりよい表情を撮るためのノウハウ、現場でスムースに撮影を進行するための準備や担当者との打合せ内容など、時間の許す限りお伝えします。

岡田 陽一さん

株式会社ふわっと

株式会社ふわっと 代表取締役
・Webプランナー・コンサルタント/Director・Designer・Photographer
・a-blog cms エバンジェリスト
・神戸電子専門学校グラフィックデザイン学科 非常勤講師
1986〜1992年までシアトルに滞在。美術大学のビジュアルコミュニケーション科でアート・写真・デザインを学ぶ。
帰国後、7年間務めた広告ビジュアル制作会社(フォートン)を退職後、13年間のフリーランスを経て、現在は神戸 元町で企業のホームページ活用コンサルティング、Webサイトや印刷物の企画・制作、それらの素材写真の撮影・イラスト制作、執筆などの業務を行っている。
Web制作に関わる方のためのセミナーイベント「CSS Nite」の神戸版 “CSS Nite in KOBE”を企画・運営。その他、神戸ITフェスティバルの実行委員、アップルユーザーグループ神戸の副代表兼事務局、など神戸でのIT・Web関連イベントの運営に関わっている。

『Web制作のための撮影から管理、レタッチまで〜デザイナー&ディレクターが写真を上手に撮る本』(KADOKAWA / アスキー・メディアワークス)好評発売中!
株式会社ふわっと
Twitter:@okada41
Facebook
CSS Nite in KOBE
a-blog cms エバンジェリスト

「Good bye〜〜 floats and "clearfix" hacks」これからはFlexboxの時代

Flexboxとは、CSS Flexible Box Layout のことです。

Flexboxを使うとこれまで複雑なソースコードになっていた、レイアウト実装などシンプルなコードで実現することができるようになります。IE10以降から使えるようになったことから人気が一気に高まってきました。

今回のセミナーでは、Flexboxの基礎となる使い方から、Flexboxを使ったティップスをご紹介します。

阿部 正幸さん

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

KDDIウェブコミュニケーションズ コミュニティ事業本部 エバンジェリスト部 エバンジェリスト
システム開発会社で、大規模なシステム開発を経験後、Web制作会社でプログラマー兼、ディレクターとして従事。
その後、KDDIウェブコミュニケーションズに入社、CPIブランドのプロダクトマネージャーに就任。
ACE01、SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、Web制作に関する様々なイベントに登壇。

Drupal(g.d.o Japan)日本コミュニティー、HTML5 funなどに所属し、OSSを世に広げる活動や、Web制作に関する情報を発信している。

ACE01、SmartRelease プロダクトマネージャー
CPIエバンジェリスト 統括
KDDIウェブコミュニケーションズ公式、CPIスタッフブログ 編集長
テックアカデミー 講師
Web担当者通信 講師
HTML5fun 理事
ANNAI株式会社 社外取締役(CMO)
CSS Nite ベストセッション2015に選ばれました。

Facebook
KDDIウェブコミュニケーションズ
SmartRelease
CPIスタッフブログ

アクアリングが考える、今後のディレクターに求められるスキル

ここ数年クライアントから求められる依頼は、単なるWebサイトリニューアルからWebに関わるビジネスをどうするかにシフトしています。それに伴いディレクターの業務はより難しく広範囲に拡大しています。
そのような時流の中で、今後ディレクターとして求められるスキルや、アクアリングでは今後を見据えてどのようなプロジェクト進行をしているかを事例をもとにご紹介します。

藤井 英一さん

株式会社アクアリング

Web制作会社にてデザイン、フロントエンド、システム開発といった一連の制作工程を経験。2011年アクアリング入社。
新規顧客を中心としたチームのリーダー。大型プロジェクトを中心にプロジェクトマネージャー、ディレクターとして多く案件に参画。

書体のおはなし 〜 一歩目 〜

近年、フォント・書体にスポットが当たることが多くなってきました。それは、ちょっとしたフォントブームなのではないか?と感じています。
デジタルフォントの歴史も四半世紀を超えました。フォントの使用範囲も、紙メディアだけにとどまることなく、広がってきています。

90年代初頭にDTP用として誕生し、紙メディアを中心に文字情報を彩ってきたフォント・書体も、2000年以降のPCの新しいOSや地上デジタル放送、新世代ゲーム機やスマホなどの登場による生活の環境の大きな変化と共に、フォントもさらに身近なものになり、そしてその使用用途や範囲が大きく広がりました。2010年からは「WEBフォント」の登場により、WEB環境での本格的なフォント・書体の活用ができるようになってきました。

今回は初級編として、[書体]の役割や効果、さらに書体デザインのスタイルの違い、そして効果的な使用用途や、最近のトレンドなどをお話しします。

仁田野 良介さん

フォントワークス株式会社

フォントワークス株式会社 執行役員
1995年に九州・福岡に本社を置くフォントワークスに入社。大手印刷会社やサービスビューロの営業担当としてフォントメーカー人生をスタート。2002年にスタートしたデジタルフォントの年間ライセンスプログラム「LETS」のプロジェクトリーダーとして、そのプログラムの企画立案からサービス開始を担当。
社内では企画から営業、そして販売推進と渡り歩き、最近では、様々なフェアや展示会などでのセミナーだけでなく、自治体の広報担当者を対象としたデジタル広報講座の講師としても全国を行脚中。

失敗から学ぼう!個人経営、小規模事業者のシゴトとヒトとオカネのこと

20年近くWEB制作をしてきたわたくし久保が、そのキャリアの中でやらかした失敗談と、そこから学んだこと。
個人経営のフリークリエイターなど小規模事業者の皆さんに知っておいて欲しい「シゴト術」「ヒトづきあい」「オカネのこと」をお話します。

久保 亮輔さん

有限会社Tribes20

有限会社Tribes20 代表
1997年よりweb制作を開始。2000年Tribes20を立ち上げ。以来、企業や自治体、大型イベントや芸能系ウェブサイトプランニングと制作を行う。
2007年からクリエイターとしての経験を活かし人材育成を目的としたマンツーマンデザインスクールも主宰。
あとバイク大好き。 有限会社Tribes20

マークアップって重要なの?あなたへ伝えたいマークアップの大切さ

なんとなくマークアップをしていませんか? 入社したてのころ、私はCSSを書くことで精一杯でHTMLを書くことをおざなりにしていました。

ただそれは、正しくマークアップされてないHTMLをとあるツールが正常に表示していない現象を実際に見るまではのお話です。

マークアップって機械に伝えるためにとても大事な言語なんです。それから私はより正常に機械に伝えられるように、より最適なマークアップについて悩みました。

今回はマークアップを始めたばかり・現在進行形で悩んでいる方に向けて、マークアップの大切さ、マークアップに悩みそうなところをどうやって打開するのかをご紹介します。

森田 かすみさん

有限会社アップルップル

三重県出身、1993年生まれ。新卒でアップルップルに入社。業務では受託案件のHTML/CSSなどのマークアップ部分を担当し、社内のコーディングガイドラインの作成、a-blog cms の公式テーマの制作を担当している。名古屋マークアップ勉強会の主催を行う。

マンネリ化したサイトデザインとはおさらば!高クオリティなイラストを使った唯一無二のWEBサイトを作ろう

最近のトレンドのせいかシンプルなデザインになってしまう、フリー素材を使ってもなんかものたりない、他のサイトと差を付けて話題性をもたせたい!などなど...そんな際に高クオリティなイラスト使ったサイト制作にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
イラストを使用する際に注意したいことなど、おすすめのディレクション方法などもご紹介したいと思います。
セミナーでご説明するイラストサイト
http://nurse-web.jp/
http://orekabu.jp/
http://hageryman.jp/

竹内 将洋さん

株式会社WEB企画

1986年生まれ、愛知県出身。株式会社WEB企画の創業メンバーで営業兼ディレクターがメインの業務。
現在は1年前の東京営業所の立ち上げに伴い、東京へ。
デザイン・SEO・オウンドメディア運用・Web広告・コーディング・ECなど、一通りこなせる器用貧乏さを武器にクライアントの集客最大化のお手伝いをしています。 Twitter:@wkwk810

海外事業担当者必見!中国向けデジタルプロモーションのポイント

9月にリオ五輪も終わり、10月からはついに東京五輪の準備が始まります。
五輪に向けた準備で大切なことは、エンブレムでもなくマスコットでもなく、イ ンバウンド対策です。
特に、中華圏へのインバウンドマーケティングについてはみなさんお悩みでない でしょうか。
本セミナーでは中国のインターネットを知りつくしたクララオンラインが中国へ 確実に情報を届けるためのノウハウをお伝えします。

吉村 真輝さん

株式会社クララオンライン

株式会社クララオンライン グローバルビジネスストラテジー部
2010年クララオンラインに入社。
エンタープライズ顧客の技術担当として、インフラを中心とした設計・構築・運用などの各フェーズを担当し、お客様からの厚い信頼を獲得するエンジニアへ成長。
現在はマーケティング部門にてクラウドサービスの技術研究・市場調査・普及活動を行う。

実際に使ったプレゼンテーション資料とデモデザイン

コンペ!となると
気になる競合・ご予算・公開希望日・事前ヒアリング・デモデザイン・KGI/KPI設定等、頭に入れないといけないコトや提案すべきコトは多岐に渡ります。
また、企業毎に課題や目的が違うので、プレゼン手法もケースバイケースです。
実際にプレゼンで使った資料を元に、どのような提案を行ったのか共有させて頂こうと思いますがまだ先方と調整中です!!フォローメール時の配布は難しいかもしれません!

安藤 寛和さん

株式会社アビリティコンサルタント

1983年岐阜県生まれ。長良高校→名古屋デザイナー学院。
DTP/広告デザイナー・WEBデザイナーを経て今はディレクターみたいな感じ。
けど社内では「営業」って言われてます。
企画設計・提案・プロデュースが主な仕事。採用担当もやってます。
技術力が先行する時代になってきましたが、
そこで敢えて「デザインが好き・伸ばしたい」という人が好きです。

Growth Driven Design
成長を追求する、新しいWebサイト構築のメソドロジー

従来のWebサイト構築モデルは、完全に崩壊しています。代理店であっても、ビジネスオーナーであっても、従来のモデルでは、数多くのリスクの影響を受けやすく、最高の結果が生まれないこともよくあります。
Growth Driven Design(グロース・ドリブン・デザイン)は、Webサイト構築のプロセスを通して結果を出し、ビジネスに測定可能な価値をもたらす新しいWebサイト制作の定番となると思います。より賢明で、かつアジャイル型のデータ・ドリブンのアプローチで、従来のWeb構築の弱点を最小限にし、高いパフォーマンスのWebサイトが可能になります。

坂根 正樹さん

株式会社タービン・インタラクティブ

株式会社タービン・インタラクティブ クリエイティブ局 マネージャー/クリエイティブデイレクター
サンフランシスコの美術大学(Academy of Art University)でデザインを学び、現地デザイン会社にてWebサイトからポスター、パッケージデザインに至るまで様々なデザインを経験。帰国後タービン・インタラクティブに入社。デザイナー、アートディレクターを経て、マネージャー/クリエイティブディレクターを務める。
現在は、Inbound MarketingやMarketing Automationを導入し、「Webマーケティング × Web制作」を掲げて次世代のWebサイトを提供している。

経験者の目から見た、動画をウェブサイトに活用するためのノウハウ盛り込み過ぎコンプリートガイド!

ウェブサイトでも動画を扱うケースが多くなってきました。動画にはテキストや画像だけでは伝えられない動きや音を使い、より訪問者に感動を届けることができます。

このセミナーは、ウェブサイト、Facebook・Instagram などのSNSなど、インターネット上で扱われている様々な動画を解説し、各メディアにあった動画戦略を具体的な事例を紹介。

著作権、肖像権、照明、編集、予算など、映像ならではの知らないといけない基本を駆け足で紹介。

15年近くにわたって培ってきたインターネット動画のノウハウを、時間いっぱい、凝縮して、可能な限り、お教えします。

ターゲットは、ネット上のマーケティングとして動画導入希望する Web ディレクター様、Web担当者様、「動画制作も行えるかな?」と思っている Web デザイナー様と、Webの映像はどうなっているか興味がある映像制作関係者が対象です。

上野 勝之さん

コンクリートファイブジャパン株式会社

Katz Ueno (上野勝之)
コンクリートファイブジャパン株式会社 取締役 Chief Communications Officer
三重県四日市市出身。アメリカ・ロサンゼルで映画留学をした後、インディーズ映画制作に携わりながら、ロス・ヒューストンなどで企業のプロモビデオや企業・政府要人のインタビュー動画制作なども行う。

日本帰国後、2010年より外国人向けの動画を中心としたインバウンドメディア YokosoNews を立ち上げ、Ustream やYouTube で日本を英語で紹介するソーシャルメディアを立ち上げ、東日本大震災時の災害配信では100万PVを記録し、世界中のメディアの注目を浴びる。

現在は、コンクリートファイブジャパン株式会社に所属し、オープンソースCMS「concrete5」を中心とした、ウェブマーケティング、多言語サイト制作、サイト開発ディレクション業務を行う傍ら、ウェブ制作者向けの動画を勉強するための勉強会「NAMO(NAgoya Movie Obenkyokai)」をベースキャンプ名古屋で主催。

コンクリートファイブジャパン株式会社
個人ブログ
NAMO (NAgoya Movie Obenkyokai)

よくある質問

お申し込みについて

WCANへ参加するにはどうしたらいいですか?

WCANの参加申し込みページよりお申し込みください。参加する際にはWCAN メンバー登録が必要になります。 申し込みは定員制で、先着順で受付となります。お早めにお申し込みいただくことをおすすめします。お申し込み後に、メンバー登録時に設定したメールアドレス宛に受講票を送付いたします。(事前に関連情報の配信や当日までの案内も行います)

受講票はいつごろ送られてきますか?

ログイン後、申し込みページからお申し込みいただくと、自動返信で登録メールアドレス宛に受講票メールが送信されます。

受講票が届きません。

受講票メールが届かない場合、お申し込みが完了していない可能性があります。 お申し込み時のフォームは入力・確認・完了の三段階となっていますので、今一度ご確認ください。 不明な場合はinfo(at)wcan.jpまでお問い合わせください。

領収書は発行いただけますか?

当日受付時、全員に無記名の領収書を発行します。 WCAN本編、懇親会は別の領収書として発行しています。

複数人の参加費を一括で支払えますか?

社員の参加費を会社でまとめてお支払いいただく場合など、申込者と支払者が異なる場合には info(at)wcan.jp まで「参加者・参加内容(本編、懇親会)」をご連絡ください。

どういう人が学生にあたるのですか?

高校、高等専門学校、大学、大学院、専門学校の生徒を対象としています。 申し込み際に学生としてお申し込みいただき、当日受付に学生証をご提示ください。

当日でも受講できますか?

当日の参加申し込みは行っておりません。事前にお申し込み・お支払いをお願いいたします。

キャンセルするには、どうしたらいいですか?

申し込みいただいた後、やむをえずイベントをキャンセルされる場合は、キャンセルフォームよりお知らせください。 入金後のキャンセルは、お申し出の時期によっては返金いたしかねる場合があります。詳しくは注意事項をご覧ください。

引率したい場合、どうしたらいいですか?

申し込みされた方お一人の参加を想定しております。児童・お子様(未就学に関わらず)、スタッフなどいかなるケースにおいも、お一人ずつ申し込みを行ってください。

当日の受講について

会場では飲食できますか?

ペッドボトルなど蓋のある飲み物であれば可能です(夏のWCAN会場と違いコンビニで買ってきたものも大丈夫です)

会場では喫煙できますか?

南側出口の外にあります

ネット接続の環境はありますか?

ありません。必要な方はご自身で用意してください。

ノートパソコン用の電源はありますか?

ルームA、Bにはあります。ルームCにはありません

駐車場はありますか?

用意しておりません。近隣のコインパーキングか、公共交通機関をご利用ください。

何を持っていけばよいですか?
  • 受講票メールのプリントアウト(受講者番号の控え)
  • 名刺
  • 筆記用具
  • 学生証(学生で申し込みをされた方)

上記のものをお持ちいただくことをおすすめします。たくさんの方が参加されます。休憩時間など名刺交換の時間もありますので、名刺を多めにご用意ください。 ノートパソコンについては必ずしも必要ではありません。各自のご判断でお持ちください。なお、電源は会場・設営の都合上利用できない場合もあります。ご了承ください。

セミナー途中の入退場はできますか?

遅刻・途中退席については可能ですが、参加費の返金はありません。ご了承ください。

キャンセル時の注意事項

参加申し込み後の内容変更は、メールで info(at)wcan.jpよりご連絡ください。WCAN側で申し込み内容の変更を行います。

キャンセルの方法

ログイン後、キャンセルフォームよりご連絡ください。なお、WCAN本編をキャンセルし、懇親会のみ出席という形をとることはできません。あらかじめご了承ください。

キャンセル時の返金について

決済後のキャンセルに伴う返金は、以下の内容に従い行います。

  • 2016年10月27日23時59分までにキャンセルフォームよりお申し出いただいた分につきましては振込手数料を差し引いて返金いたします。
  • 2016年10月27日23時59分以降にお申し出いただいた分につきましては返金はいたしません。

バナー

WCAN 2016 Autumnのバナーです。
ブログやサイトに、ご自由にお使いいただけます。下記ソースをそのままご利用ください。



<a href="http://wcan.jp/event/2016autumn/"><img src="http://wcan.jp/archives/2016autumn/WCAN-SmallBanner.png" width="200" height="200"></a>


<a href="http://wcan.jp/event/2016autumn/"><img src="http://wcan.jp/archives/2016autumn/WCAN-BigBanner.png" width="1170" height="460"></a>


<a href="http://wcan.jp/event/2016autumn/"><img src="http://wcan.jp/archives/2016autumn/WCAN-OGImage.png" width="1200" height="630"></a>