イベント概要

イベント名WCAN 2016 Spring
日程2016年4月23日(土) 13:30 -受付開始 12:50-
会場名古屋国際会議場 会議室 141+142
〒456-0036 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1
地図・アクセス方法GoogleMapで見る
TEL : 052-683-7711
定員180名 220名
会費一般 / ¥3,000 学生 / ¥1,000
※領収証は当日お渡しいたします。
お支払い方法はログイン後に本ページ左メニューに表示されます。
懇親会世界の山ちゃん 金山南店GoogleMapで見る
19:00 - 21:00
費用:¥3,000(税込)
定員:80名
twitterタグ#wcan
申込締め切り本編 銀行振込 : 4/21(木)17:00まで
本編 Paypal : 4/22(金)23:59まで
懇親会 : 4/21(木)17:00まで
銀行振込による本編参加と懇親会は、4/21(木)17:00が期限になります。
主催有限会社アップルップル
  • 遅刻・途中退席での参加費の返金はありません。

タイムテーブル

12:50受付開始
13:30オープニング
13:35ライトニングトーク(25分)
14:00PR協賛(10分)
14:10休憩 (20分)
14:30SESSION-1+質疑応答 (45分)
15:15休憩 (15分)
15:30SESSION-2+質疑応答 (45分)
16:15休憩 (15分)
16:30SESSION-3+質疑応答 (90分)
18:00エンディング
18:10(移動)
19:00懇親会

セッション情報・スピーカー

2016年 Web配色のイロハ

色の変化は大変ゆっくりで、ある日突然赤が青になったり、黒が使われなくなったりすることはありません。しかしWebの配色においては、色そのものは変わらないものの、画面の大きさの多様さや操作感の変化に伴い、使われ方は大きく変わっています。
今回のセッションでは色の基本的なイメージや選び方、Webならではの配色の基本、デバイスごとの使い分けなど、色を使う時にあらためておさえておくべき知識をまとめます。

坂本 邦夫さん

フォルトゥナ

1973年、大阪府東大阪市生まれ。関西大学文学部史学地理学科卒業。
2004年、色彩に関するノウハウをまとめたウェブサイト「基礎からわかるホームページの配色」を公開。以後、Web制作コンサルティングを主な業務としながら、書籍や雑誌などへの寄稿・セミナーなどで、ウェブにおける色彩環境の向上を使命として活動。
主な著書に『ウェブ配色 決める!チカラ 問題を解決するコミュニケーション』(ワークスコーポレーション)、『ウェブ配色 コーディネートカタログ』(技術評論社)、監修に『ウェブデザイン&配色の見本帳』(エムディエヌコーポレーション)。
現在、株式会社 KDDIウェブコミュニケーションズ 外部顧問、a-blog cms エバンジェリストなども努める。日本色彩学会正会員。

グラフィックでDL数を稼ぐ方法

アプリユーザーを獲得する最大の戦場は「Google Play」や「App Store」です。その戦場における最大の武器は「アプリ紹介画像」です。本セッションではダウンロード数を稼ぐアプリ紹介画像のデザインのポイントや、チェック方法を解説します。知ってると知らないとではすごい差が出るお話です。

矢野 りんさん

バイドゥ株式会社

バイドゥ株式会社 モバイルプロダクト事業部 部長
北海道足寄町出身。女子美術大学芸術学部卒。
フリーランスのデザイナーとして、メーカのWebコンテンツなどデザイン経験多数。2011年12月 よりバイドゥ株式会社入社。自社プロダクトの日本語キーボードアプリ「Simeji」や新規サービスのUX/UIのデザインや運用・デザインを担当している。

Webデザイントレンド2016春の陣 in Nagoya

「トレンドとは最先端ではない、時代に最適化されつつある現象である」をキーワードに毎年レポートしているWebデザイントレンド。
毎年ウォッチしている、グローバル企業、上場企業3,700社、地方自治体1,700サイト、海外話題サイトのキャプチャアーカイブから出演陣が気付いたサイトのビジュアル、ユーザーインターフェースの表現の潮流を通して2015年を振り返ってみます。
矢野りんさん、カラーコンサルタント・Webデザイナーの坂本邦夫さんを迎え、配色からコンテンツデザインまで多角的にWebデザインのトレンドを解析していきます。
また、2/24開催の自治体Webデザイントレンドより、よりすぐりの新ネタも追加してお届けします。
Webサイトのデザインに関わる人はもちろん、ディレクションに関わる方やWeb担当者の方、エンジニアまで幅広くお楽しみいただける、オススメのセッションです。

坂本 邦夫さん、原 一浩さん、矢野 りんさん

原 一浩さん
Greative.GK代表
1998年に独立し、同年、ウェブデザイン専門のメールメディア DesignWedgeの発行を開始。Webデザイン業のかたわら、海外のWebデザインに関する情報発信を行う。
2015年、休刊状態にあった同メールマガジンをdesignudgeというWebマガジンとして復刊させている。
雑誌への寄稿多数。主な著書に『プロセスオブウェブデザイン』、『CakePHPビューコーディング入門』、『ウェブデザインコーディネートカタログ』など。
作りながら考えるということを信条としており、最近はBootstrap 4、Clojure、Electronなどにも力を入れている。ClojureScriptでElectronアプリを作れるdescjopというオープンソースプロダクトをリリースしている。

※坂本 邦夫さん、矢野 りんさんのプロフィールについては上述を参照してください

ライトニングトーク

小耳に入れたい、中国EC事情

中国でECを利用しているいわれている人口は4億人といわれています。
しかしながら、中国国内のインターネット普及率は依然50%程度で、まだまだ市場の拡大が見込まれます。
日本から中国市場を狙う「越境EC」が注目される中、中国のECプラットフォーム、
プロモーションについて、お話しします。

田口 大輔さん

株式会社クララオンライン

86年 岐阜県出身、09年クララオンライン入社。
10年よりクララ・電通で創業した子会社で、スポーツ向けのWeb制作・システム開発・アプリ開発の営業・進行をやっていました。
今年1月から名古屋に戻り、東海はじめ西日本の営業担当をさせて頂いています。
最近(今更ながら)混ぜそばの美味さに目覚めてしまい、減量との両立に悩む三十路です…。

「伝える」「伝わる」ピクトさんと仲間達

スタンプや絵文字の主な効果としてコミュニケーションを円滑にするためのものです。私たちの生活にも当たり前のようにいろんな形ではいってきています。
そんな「伝える」「伝わる」をサポートしてくれるピクトさんとその仲間達を紹介します。

津田 直明さん

トライデントコンピュータ専門学校 Webデザイン学科2年

1996年岐阜県各務原市生まれ(19)。
トライデントコンピュータ専門学校 Webデザイン学科在学中。
高校からほぼ全てのAdobeソフトを使い、学んできてWebの汎用性にひかれてトライデント校に入学。現在マークアップとデザイン勉強中で、特に最近はcss(animationやhover等々)に興味があります。 デザインが好きで将来はWebデザイナーになりたいと思っています。
最近の趣味はゲーム(Minecraftや白猫プロジェクト)と音楽。

収益率の良いサイト保守契約の結び方

私たちの会社ではお客さんから委託を受けて、日々のサイト制作や相談などを含めた保守業務を行っていますが、その収益率の低さに悩んでいました。
収益率を上げるために新たに取り入れた保守契約スタイルと、業務効率を上げるために行ったことを紹介いたします。制作に関わる皆さんの参考になればと思います。

中丸 賢二さん

株式会社フォノグラム

1982年広島県生まれ。テレビ番組のディレクターからWEB業界に転身。
主に企業サイトの製作に携わり、企画とディレクションを中心に担う。
2015年より自社サービス「AUN」「トコトン」の開発を主導。

社会人1年生から先輩方へ

高校生〜就職して社会人になった二人が学生時代の取り組み(技能五輪)を紹介したり、これからの希望やWebが好きだという思い通じて学生が思っていることや知ってほしいことなどをお話する予定です。

太田 小夏さん、熊? 彩さん

太田 小夏さん
1997年生まれ。
高校在学中に若年者ものづくり競技会で金賞、技能五輪全国大会で銀賞を受賞。
この春、名古屋市立工芸高校を卒業し、株式会社うずまきデザインに入社。
マークアップを中心とした業務に携わっています。

熊? 彩さん
1997年生まれ。
名古屋市立工芸高等学校卒業。
高校在学中はWEB部という部活でWebサイト制作を学び、若年者ものづくり競技会で銀賞、技能五輪全国大会で金賞。
この春に、株式会社アビリティコンサルタントに入社。WEBデザインに関わるお仕事させていただいています。
趣味は食べること。冷たいトマトは大好物です。

Webデザイン参考資料の活用法

Webサイトのデザインを始める前に、競合サイトや参考になりそうなサイトを集める機会は多いと思います。集めたデザインをサイト制作に活かし、「デザイナーとしての血肉」に変える方法をご紹介します。

今井 理紗子さん

有限会社アップルップル

1990年岐阜県生まれ。2014年 有限会社アップルップル入社。
受託制作のWebサイトデザイン、自社開発製品の販促ツールのデザインを担当。ときどきWCANの司会のお姉さん。趣味でデザインツール「Sketch 3」の布教とかしてます。

PR協賛

Webフォント最新事情(2016年版)

関口 浩之さん

ソフトバンク・テクノロジー株式会社?

Webフォント エバンジェリスト
1960年生まれ。群馬県桐生市出身。
電子機器メーカーにて日本語DTPシステムやプリンタの製品企画など12年間従事した後、1995年にソフトバンクへ転職。1996年、Yahoo! JAPAN検索サービスの立ち上げプロジェクトのプロデューサー担当。3ヶ月間という短い開発期間の中、大学生100名と3交代制でオフィスに泊り込み、数万サイトのデータベース登録を手入力で実施。過酷だけど素敵なプロジェクトを体験。その後、ECサイトのシステム構築やコンサルタントに従事。
現在は、日本語Webフォントサービス「フォントプラス(FONTPLUS)」の普及のため、日本全国を飛び回っている。小さい頃から電子機器やオーディオの組み立て(真空管やトランジスタの時代から)や天体観測などが大好き。パソコンは漢字トークやMS-DOS、パソコン通信の時代から勤しむ。

キャンセル時の注意事項

参加申し込み後の内容変更は、メールで info(at)wcan.jpよりご連絡ください。WCAN側で申し込み内容の変更を行います。

キャンセルの方法

ログイン後、キャンセルフォームよりご連絡ください。なお、WCAN本編をキャンセルし、懇親会のみ出席という形をとることはできません。あらかじめご了承ください。

キャンセル時の返金について

決済後のキャンセルに伴う返金は、以下の内容に従い行います。

  • 2016年4月21日17時00分までにキャンセルフォームよりお申し出いただいた分につきましては振込手数料を差し引いて返金いたします。
  • 2016年4月21日17時以降にお申し出いただいた分につきましては返金はいたしません。
  • 参加申し込み期限は2016年4月21日17:00までとなっています。特別対応としてPaypalの場合に限り22日中まで申し込み可能ですが、キャンセルの期限は2016年4月21日17時00分までとなっていますのでご注意ください。

バナー

WCAN 2016 Springのバナーです。
ブログやサイトに、ご自由にお使いいただけます。下記ソースをそのままご利用ください。



<a href="http://wcan.jp/event/2016spring/"><img src="http://wcan.jp/archives/2016spring/banner-wcan2016spring.png" width="200" height="200"></a>


<a href="http://wcan.jp/event/2016spring/"><img src="http://wcan.jp/archives/2016spring/WCAN-BigBanner.png" width="1170" height="460"></a>


<a href="http://wcan.jp/event/2016spring/"><img src="http://wcan.jp/archives/2016spring/WCAN-OGImage.png" width="1200" height="630"></a>

よくある質問

お申し込みについて

WCANへ参加するにはどうしたらいいですか?

WCANの参加申し込みページよりお申し込みください。参加する際にはWCAN メンバー登録が必要になります。 申し込みは定員制で、先着順で受付となります。お早めにお申し込みいただくことをおすすめします。お申し込み後に、メンバー登録時に設定したメールアドレス宛に受講票を送付いたします。(事前に関連情報の配信や当日までの案内も行います)

受講票はいつごろ送られてきますか?

ログイン後、申し込みページからお申し込みいただくと、自動返信で登録メールアドレス宛に受講票メールが送信されます。

受講票が届きません。

受講票メールが届かない場合、お申し込みが完了していない可能性があります。 お申し込み時のフォームは入力・確認・完了の三段階となっていますので、今一度ご確認ください。 不明な場合はinfo(at)wcan.jpまでお問い合わせください。

領収書は発行いただけますか?

当日受付時、全員に無記名の領収書を発行します。 WCAN本編、懇親会は別の領収書として発行しています。

複数人の参加費を一括で支払えますか?

社員の参加費を会社でまとめてお支払いいただく場合など、申込者と支払者が異なる場合には info(at)wcan.jp まで「参加者・参加内容(本編、懇親会)」をご連絡ください。

どういう人が学生にあたるのですか?

高校、高等専門学校、大学、大学院、専門学校の生徒を対象としています。 申し込み際に学生としてお申し込みいただき、当日受付に学生証をご提示ください。

当日でも受講できますか?

当日の参加申し込みは行っておりません。事前にお申し込み・お支払いをお願いいたします。

キャンセルするには、どうしたらいいですか?

申し込みいただいた後、やむをえずイベントをキャンセルされる場合は、キャンセルフォームよりお知らせください。 入金後のキャンセルは、お申し出の時期によっては返金いたしかねる場合があります。詳しくは注意事項をご覧ください。

当日の受講について

会場では飲食できますか?

会場内の飲食は可能ですが、基本的に休憩時間に限るものとしていただき、本編セッション中はお飲物程度としていただきますようお願いします。

会場では喫煙できますか?

名古屋国際会議場の喫煙コーナーは中庭(1、2、4号館前および3号館1階ピロティ)にあります。 館内は禁煙ですので、ご協力をお願いします。

ネット接続の環境はありますか?

会場側にて無線LANを開放しています。速度には制限があります、個人での接続環境のご用意にご協力ください。

ノートパソコン用の電源はありますか?

会場内の席の位置にもよりますが、電源は必ずしも用意できるわけではありません。電源をお使いになりたい方はお早めに会場入りをお願いいたします。 また、会場には電源タップはご用意していません。電源タップをお持ちいただけると皆さんで共用できます。ご協力ください。

駐車場はありますか?

名古屋国際会議場には約600台分の駐車場があります。料金は、一般車両は1日1回700円です。 駐車台数に限りがあり、イベント開催時など混雑しますので、公共交通機関のご利用にご協力ください。

何を持っていけばよいですか?
  • 受講票メールのプリントアウト(受講者番号の控え)
  • 名刺
  • 筆記用具
  • 学生証(学生で申し込みをされた方)

上記のものをお持ちいただくことをおすすめします。たくさんの方が参加されます。休憩時間など名刺交換の時間もありますので、名刺を多めにご用意ください。 ノートパソコンについては必ずしも必要ではありません。各自のご判断でお持ちください。なお、電源は会場・設営の都合上利用できない場合もあります。ご了承ください。

セミナー途中の入退場はできますか?

遅刻・途中退席については可能ですが、参加費の返金はありません。ご了承ください。