イベント概要

イベント名WCAN 2016 Winter
日程2016年12月3日(土) 12:00 -受付開始 11:20-
会場名古屋国際会議場 会議室 141+142
〒456-0036 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1
地図・アクセス方法GoogleMapで見る
TEL : 052-683-7711
定員180名
会費一般 / ¥3,000(税込) 学生 / ¥1,000(税込)
※領収証は当日お渡しいたします。
お支払い方法はログイン後に本ページ左メニューに表示されます。
忘年会国際会議場内 カスケード 3号館 B1F
17:30 - 20:00
費用:¥5,000(税込)
定員:100名
普段は懇親会のみの参加は受け付けておりませんが、冬の懇親会は
WCANの忘年会を兼ねており、忘年会のみの参加も受け付けております。
twitterタグ#wcan
申込締め切り本編・懇親会12/1(木)17:00まで。
ただしPaypalによる参加の場合に限り12/2(金)まで受け付けます。
お支払い期日12/1(木)17:00まで
ただし、PayPal支払いによる場合に限り12/2(金)23:59まで受け付けます。
主催有限会社アップルップル
  • 席の位置にもよりますが、電源は必ずしも用意できるわけではありません。電源をお使いになりたい場合はお早めに会場入りをお願いいたします。
  • 遅刻・途中退席については可能ですが、参加費の返金はありません。

タイムテーブル


11:20受付開始
12:00オープニング
12:10ライトニングトーク(30分)
12:40PR協賛(20分)
13:00休憩 (10分)
13:10SESSION-1+質疑応答 (45分)
13:55SESSION-2+質疑応答 (45分)
14:40休憩 (20分)
15:00SESSION-3+質疑応答 (45分)
15:45パネルディスカッション (45分)
16:30エンディング
17:00(移動)
17:30忘年会

申し込む

セッション情報・スピーカー

あなたの価値を高めるWebアクセシビリティ

なんだか気になる存在である「アクセシビリティ」という分野。しかし、自分が取り組むメリットがイマイチわからなかったり、本当にこの理解でよいのかとモヤモヤしたり、何をすればよいのかよく分からなかったり、そんな経験はないでしょうか。今後、Web制作者のスキルやキャリアを考えるうえで避けては通れないであろう「アクセシビリティ」について、視点を変えてポジティブに取り組んでいくための考え方やヒントをご紹介します。

伊原 力也さん

株式会社ビジネス・アーキテクツ

BA シニア・インフォメーションアーキテクト
HCD-Net認定 人間中心設計専門家。ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)理解と普及作業部会委員。1999年よりWeb標準に則ったWebサイトの構築業務に従事。2004年にBAに参加。マークアップデザインエンジニアとして業務を行う傍ら、HCD(人間中心設計)プロセス導入を推進。現在はプロジェクト設計、調査分析、コンセプト立案から、アクセシビリティおよびユーザビリティを確保したインタラクションデザイン、さらにフロントエンド実装のディレクションまでを一貫して手がける。クリエイティブユニットmokuva所属。
http://www.b-architects.com/
http://mokuva.com/
http://twitter.com/magi1125

『IA/UXプラクティス』を解きほぐし、実践する

「UX」や「カスタマージャーニーマップ」という言葉が広く認知されてきたものの、きちんと学んだことがなかったり、具体的にどういうものなのかイメージがわかなかったりする方も多いと思います。

そうした課題に対して、実際にUXデザインを業務に取り入れている実務経験から、UXデザインについての基礎知識やカスタマージャーニーマップの作成ノウハウについて、業務の進め方や活用方法などを紹介しながら解説します。

2016年3月に発売された書籍『IA/UXプラクティス』を参考に、ミニワークも行います。

坂本 貴史さん

ネットイヤーグループ株式会社

ネットイヤーグループ株式会社 UXデザイナー。2002年より同社にて、IA/UXデザイナーとして活躍。
国内外の大手企業におけるデジタルマーケティング支援として、Webサイトやアプリにおける情報アーキテクチャ設計やUXデザインを専門として従事。とくに、Web情報アーキテクチャを設計する専門職インフォメーションアーキテクト(IA)として活躍中で、自身のブログでも情報発信し、執筆・寄稿やセミナーの講演なども行っている。また、HCD-Net(人間中心設計推進機構)の HCD-Net 評議員としても活躍。著書に『IAシンキング』『IA/UXプラクティス 』がある。

作って終わりから卒業しよう - デザインシステム入門編

Webサイトは公開してから本番という言葉を耳にします。これは、コンテンツ運用だけの話だけではなく、デザインにも同様のことが言えます。制作者が関わる運用にはコンテンツとデザインの 2 種類あり、どちらかが欠けていると Web サイトがうまく前へ進まないことになります。運用しやすくするために CMS を実装したり、拡張性が高いHTML/CSS を設計するように、ビジュアルデザインにも個に頼り切らないシステムが必要です。

本セッションではデザインシステムとは何か。なぜ必要なのか。どのように作っていくのかを解説します。自社サービスを運用している企業はもちろん、納品で一旦仕事が終わるプロジェクトでもデザインシステムは強い味方になります。公開後 Web サイトやアプリの見た目が崩れる原因と解決のヒントはココにある!

長谷川 恭久さん

Web/アプリに特化したデザイナー・コンサルタントとして活動中。組織に入って一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためにできることを模索している。 アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。日本に帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。
自身のブログとポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。
著書に『Experience Points』など。
http://www.yasuhisa.com/

ライトニングトーク

地味とは言わせない!運用から紐解くプロジェクト・コミュニケーションの基礎

Webサイト制作に携わり始めて、特に企業サイトにおいてひしひしと感じていたのは「Webサイトは作ってからがスタートなんだ」ということです。
地味だと思われがちな運用業務、実はプロジェクトを円滑に進める上での様々なヒントやポイントが隠されている。
そんな思いから、制作会社では身近な存在である「運用」の魅力をお伝えできればと思います。

樽見 香絵子さん

株式会社アクアリング

株式会社アクアリング 2015年入社
ディレクターとして主に企業サイトの新規構築・運用に携わっています。
また、業務と並行して採用担当を兼任したのち、現在は広報担当としても活動中。

OSサポート終了だよ!全員集合!

2017年3月31日をもちまして、RHEL 5 / Cent OS 5 のサポートが終了いたします。
サポートが終了するにあたり、その危険と対策を簡単にわかりやすくご紹介いたします。

土井 一倫 さん

株式会社クララオンライン

愛知県出身 1987年生まれ。
株式会社クララオンラインに2016年9月入社。
フィットネスインストラクターから広告デザインプロダクションの営業を経て、現職にいたる。
日々IT用語との格闘中。。。

1からはじめるAMP対応

対応のニーズが高まりつつあるAMP(Accelerated Mobile Pages)。AMPに対応すれば、モバイル端末から検索した際に、他のサイトよりも素早く表示できたり、ニュースサイトやメディアサイトであればカルーセル表示されることがあります。

中には対応するためにテンプレートやプラグインを用意しているCMSもありますが、今回は一からAMPに対応した方法と実際に取り組んで感じた注意点についてご紹介します。

森田 かすみさん

有限会社アップルップル

三重県出身、1993年生まれ。新卒でアップルップルに入社。業務では受託案件のHTML/CSSなどのマークアップ部分を担当し、社内のコーディングガイドラインの作成、a-blog cms の公式テーマの制作を担当している。名古屋マークアップ勉強会の主催を行う。
2015年に開催された CSS Nite LP39 Coder's High 2015 に登壇、著書には「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」がある。

HTML でスライドを作れる Talkie.js のご紹介

みなさん、勉強会で急に喋らなければならなくなるときって年に何度かありますよね? でも普段から使い慣れてないと、Keynote や Power Point を使いこなすのも大変。明日までに資料をつくらないといけないのに細かいレイアウトなんてしていられない!
というときに HTML でパパッと用意できて役立つ拙作のスライドツール、Talkie.js をご紹介します。

佐藤 歩さん

株式会社 AbemaTV

Web アプリケーション屋です。株式会社サイバーエージェントから AbemaTV に出向してインターネットテレビ局の開発に携わっています。Web 技術の標準化や品質などに関して情報発信もしています。
個人サイト( http://aho.mu/ )

PR協賛

May the“fonts”be with you~フォントサービス「LETS」のご紹介~

村田 耕さん

フォントワークス株式会社

営業部 パートナーセールスグループ
ユーザーさまの御用聞きとして8年余り、ご意見やご要望をサービスに活かすために全国行脚しておりました。
今回は名古屋のみなさまにお会いしたく参上し、Web業界でもユーザービリティーの高いサイト作りにお役立ていただけるフォントサービス「LETS」についてご紹介します。

PR協賛プレゼント


Dyson Supersonic アイアン/サテンフューシャ

Dyson Supersonic アイアン/サテンフューシャ

バナー

WCAN 2016 Winterのバナーです。
ブログやサイトに、ご自由にお使いいただけます。下記ソースをそのままご利用ください。


<a href="https://wcan.jp/event/2016winter/"><img src="https://wcan.jp/archives/2016winter/banner-wcan2016winter.png" width="200" height="200"></a>


<a href="https://wcan.jp/event/2016winter/"><img src="https://wcan.jp/archives/2016winter/WCAN-BigBanner.png" width="1170" height="460"></a>


<a href="https://wcan.jp/event/2016winter/"><img src="https://wcan.jp/archives/2016winter/WCAN-OGImage.png" width="1200" height="630"></a>

キャンセル時の注意事項

参加申し込み後の内容変更は、メールで info(at)wcan.jpよりご連絡ください。WCAN側で申し込み内容の変更を行います。

キャンセルの方法

ログイン後、キャンセルフォームよりご連絡ください。

キャンセル時の返金について

決済後のキャンセルに伴う返金は、以下の内容に従い行います。

  • 2016年12月1日17時00分までにキャンセルフォームよりお申し出いただいた分につきましては振込手数料を差し引いて返金いたします。
  • 2016年12月1日17時以降にお申し出いただいた分につきましては返金はいたしません。
  • 参加申し込み期限は2016年12月2日17:00までとなっています。特別対応として本編参加のみでPaypalの場合に限り2日中まで申し込み可能ですが、キャンセルの期限は2016年12月1日17時00分までとなっていますのでご注意ください。

よくある質問

お申し込みについて

WCANへ参加するにはどうしたらいいですか?

WCANの参加申し込みページよりお申し込みください。参加する際にはWCAN メンバー登録が必要になります。 申し込みは定員制で、先着順で受付となります。お早めにお申し込みいただくことをおすすめします。お申し込み後に、メンバー登録時に設定したメールアドレス宛に受講票を送付いたします。(事前に関連情報の配信や当日までの案内も行います)

受講票はいつごろ送られてきますか?

ログイン後、申し込みページからお申し込みいただくと、自動返信で登録メールアドレス宛に受講票メールが送信されます。

受講票が届きません。

受講票メールが届かない場合、お申し込みが完了していない可能性があります。 お申し込み時のフォームは入力・確認・完了の三段階となっていますので、今一度ご確認ください。 不明な場合はinfo(at)wcan.jpまでお問い合わせください。

領収書は発行いただけますか?

当日受付時、全員に無記名の領収書を発行します。 WCAN本編、懇親会は別の領収書として発行しています。

複数人の参加費を一括で支払えますか?

社員の参加費を会社でまとめてお支払いいただく場合など、申込者と支払者が異なる場合には info(at)wcan.jp まで「参加者・参加内容(本編、懇親会)」をご連絡ください。

どういう人が学生にあたるのですか?

高校、高等専門学校、大学、大学院、専門学校の生徒を対象としています。 申し込み際に学生としてお申し込みいただき、当日受付に学生証をご提示ください。

当日でも受講できますか?

当日の参加申し込みは行っておりません。事前にお申し込み・お支払いをお願いいたします。

キャンセルするには、どうしたらいいですか?

申し込みいただいた後、やむをえずイベントをキャンセルされる場合は、キャンセルフォームよりお知らせください。 入金後のキャンセルは、お申し出の時期によっては返金いたしかねる場合があります。詳しくは注意事項をご覧ください。

引率したい場合、どうしたらいいですか?

申し込みされた方お一人の参加を想定しております。児童・お子様(未就学に関わらず)、スタッフなどいかなるケースにおいも、お一人ずつ申し込みを行ってください。

当日の受講について

会場では飲食できますか?

ペッドボトルなど蓋のある飲み物であれば可能です

会場では喫煙できますか?

会場内では喫煙できません。南側出口の外にあります。

ネット接続の環境はありますか?

ありません。必要な方はご自身で用意してください。

ノートパソコン用の電源はありますか?

ありません。

駐車場はありますか?

用意しておりません。近隣のコインパーキングか、公共交通機関をご利用ください。

何を持っていけばよいですか?
  • 受講票メールのプリントアウト(受講者番号の控え)
  • 名刺
  • 筆記用具
  • 学生証(学生で申し込みをされた方)

上記のものをお持ちいただくことをおすすめします。たくさんの方が参加されます。休憩時間など名刺交換の時間もありますので、名刺を多めにご用意ください。 ノートパソコンについては必ずしも必要ではありません。各自のご判断でお持ちください。なお、電源は会場・設営の都合上利用できない場合もあります。ご了承ください。

セミナー途中の入退場はできますか?

遅刻・途中退席については可能ですが、参加費の返金はありません。ご了承ください。