イベント概要

イベント名WCAN mini 2016 Vol.1 そのモヤモヤをWebアクセシビリティの達人がスッキリ晴らす! Webアクセシビ リティ はじめの一歩、キホンの「キ」とアリアの「ア」!
日時2016年6月4日(土) 14:00〜17:30 (受付13:30〜)
場所ベースキャンプ名古屋
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-18-5
モンマートビル 5F / TEL:052-485-8544
地図http://basecamp-nagoya.jp/access.html
定員50名
会費一般 ¥3,000
懇親会18:00〜 テング酒場名古屋堀内ビル店
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9 堀内ビルB1F
当日現地での割り勘となります
定員:25名
支払い方法当日受け付けでの現金払い

セッション・スピーカー

今日から始めるWebアクセシビリティ、まずはココから!

「Webアクセシビリティを実践してみよう!と思っても、まず何から手を付けたらいいのかわからない...。」
「実際に自分なりにやってみたけど、これで正しいのかよくわからない...。」

このセッションでは、新しいデザインのWebページをゼロから作るという設定で、どのように制作していけばアクセシビリティを確保したWebページが出来上がるのかを学んでいきます。もちろん、その中には既存のWebページのアクセシビリティを向上させることができるポイントもたくさん入っています。そして、出来上がったWebページや既存のWebページをチェックする方法もレクチャーします。まずは、「はじめの一歩」としてアクセシビリティを向上させるキホンの「キ」から一緒に始めましょう!

植木 真さん

株式会社インフォアクシア Webアクセシビリティ・コンサルタント

Webサイト評価、ユーザビリティテスト、方針策定、ガイドライン作成、教育・研修、制作会社サポートなどを通じて、主に企業Webサイトのアクセシビリティ確保や「JIS X 8341-3」、「WCAG 2.0」などの規格やガイドラインへの対応を支援している。

Webアクセシビリティの標準化活動にも従事し、「JIS X 8341-3」では2004年の初版、2010年の改訂版と続けて、日本規格協会の原案作成ワーキンググループ委員として参加。2012年10月には、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)の委員長に就任。2014年度の「JIS X 8341-3」改正原案作成委員会の委員長及び分科会主査に続いて、2015年度には総務省「みんなの公共サイト運用モデル」2015年度改定に関する研究会の構成員も務めている。

また、W3C/WAIのWCAGワーキンググループのメンバーでもあり、2005年?2008年にかけては「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の策定にも参画していた。

HTML5で今日から使えるWAI-ARIA

Twitter、Facebook、Dropbox、Amazon、Google、YouTube。
海外の大手サイトでは、WAI-ARIAが当たり前のように活用されています。また、CSSフレームワークのBootstrapやFoundationも新しいバージョンではWAI-ARIAに対応済みとなっています。今後は、特に海外ではCMSの新しいテーマやテンプレートなども続々とWAI-ARIAに対応していくことでしょう。HTML5時代のWebデザインにおいては、WAI-ARIAはもはや避けては通れない技術となりつつあるのです。
でも心配する必要はありません。HTML5においては、WAI-ARIAは普通の属性とそれほど違いのないものです。意味さえわかってしまえば、誰でもすぐに使いはじめられます。このセッションでは、アリアの「ア」からその全体像までやさしく解説します。

大藤 幹さん

2015年3月より名古屋在住。
1級ウェブデザイン技能士。
大学卒業後、複数のソフトハウスに勤務し、CADアプリケーション、航空関連システム、医療関連システム、マルチメディアタイトルなどの開発に携わる。
1996年よりWebの基本技術に関する書籍の執筆を開始し、2000年に独立。
その後、ウェブコンテンツJIS(JIS X 8341-3)ワーキング・グループ主査(多忙のため途中辞退)、情報通信アクセス協議会・ウェブアクセシビリティ作業部会委員、国家検定ウェブデザイン技能検定特別委員、技能五輪全国大会ウェブデザイン職種競技委員などを務める。
現在の主な業務は、Webデザインに関連する書籍の執筆のほか、全国各地での講演・セミナー講師など。
著書は『よくわかるHTML5+CSS3の教科書』『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』『わかりやすい「HTML5」仕様解説書』『わかりやすい「WAI-ARIA 1.0」仕様解説書』など50冊を超える。
http://www.ofujimiki.jp/

よくある質問

お申し込みについて

WCANへ参加するにはどうしたらいいですか?

WCANの参加申し込みページよりお申し込みください。参加する際にはWCANメンバー登録が必要になります。 申し込みは定員制で、先着順で受付となります。お早めにお申し込みいただくことをおすすめします。お申し込み後に、メンバー登録時に設定したメールアドレス宛に受講票を送付いたします。(事前に関連情報の配信や当日までの案内も行います)

受講票はいつごろ送られてきますか?

ログイン後、申し込みページからお申し込みいただくと、自動返信で登録メールアドレス宛に受講票メールが送信されます。

受講票が届きません。

受講票メールが届かない場合、お申し込みが完了していない可能性があります。 お申し込み時のフォームは入力・確認・完了の三段階となっていますので、今一度ご確認ください。 不明な場合はinfo(at)wcan.jpまでお問い合わせください。

領収書は発行いただけますか?

当日受付時、全員に無記名の領収書を発行します。 WCAN本編、懇親会は別の領収書として発行しています。

複数人の参加費を一括で支払えますか?

社員の参加費を会社でまとめてお支払いいただく場合など、申込者と支払者が異なる場合には info(at)wcan.jp まで「参加者・参加内容(本編、懇親会)」をご連絡ください。

当日でも受講できますか?

当日の参加申し込みは行っておりません。事前にお申し込み・お支払いをお願いいたします。

キャンセルするには、どうしたらいいですか?

申し込みいただいた後、やむをえずイベントをキャンセルされる場合は、キャンセルフォームよりお知らせください。 入金後のキャンセルは、お申し出の時期によっては返金いたしかねる場合があります。詳しくは注意事項をご覧ください。

当日の受講について

会場では飲食できますか?

会場内の飲食は可能ですが、基本的に休憩時間に限るものとしていただき、本編セッション中はお飲物程度としていただきますようお願いします。

会場では喫煙できますか?

全席禁煙、喫煙所はテラスです。フロアマップをご確認ください。

ネット接続の環境はありますか?

無線LANを開放しています。ただし、接続できる人数や速度に制限があります。また、予告無く無線LANの提供を中止する場合があります。

ノートパソコン用の電源はありますか?

会場内の席の位置にもよりますが、電源は必ずしも用意できるわけではありません。電源をお使いになりたい方はお早めに会場入りをお願いいたします。 また、会場には電源タップはご用意していません。電源タップをお持ちいただけると皆さんで共用できます。ご協力ください。

駐車場はありますか?

ありません。近くのパーキングをご利用頂くか、公共交通機関のご利用にご協力ください。

何を持っていけばよいですか?
  • 受講票メールのプリントアウト(受講者番号の控え)
  • 名刺
  • 筆記用具
  • 学生証(学生で申し込みをされた方)

上記のものをお持ちいただくことをおすすめします。たくさんの方が参加されます。休憩時間など名刺交換の時間もありますので、名刺を多めにご用意ください。 ノートパソコンについては必ずしも必要ではありません。各自のご判断でお持ちください。なお、電源は会場・設営の都合上利用できない場合もあります。ご了承ください。

セミナー途中の入退場はできますか?

遅刻・途中退席については可能ですが、参加費の返金はありません。ご了承ください。

キャンセル時の注意事項

参加申し込み後の内容変更は、メールで info(at)wcan.jpよりご連絡ください。WCAN側で申し込み内容の変更を行います。

キャンセルの方法

ログイン後、キャンセルフォームよりご連絡ください。なお、WCAN本編をキャンセルし、懇親会のみ出席という形をとることはできません。あらかじめご了承ください。