2018年10月13日(土)、貸し会議室イールーム名古屋駅前AにてWCAN 2018/10「WordPress 5.0で変化する CMSと Webサイト制作のこれから」が開催され、58人の方にご参加いただきました。

LTセッション

今回はメインセッションの前に8名の参加者によってLTセッションが行われました。

株式会社 エスケイワード / 江口 伸行さん
「Movable Typeを活用した多言語サイト制作と翻訳マネジメント手法」


株式会社くまひさ / 近藤能久さん
「尻に火がつく案件になぜ使わない?MODX (炎上案件ほど映えるMODXの良いところ)」


有限会社アップルップル / 山本一道さん
「a-blog cms で作るカスタムユニット」


シフトテック / 山本孝さん
「制作者と運用者の事を考えたbingo!CMS」


シックス・アパート株式会社 / 早瀬 将一さん
「どんなサイトにも簡単設置、MovableType.net フォームのご紹介」


concrete5 Japan / Katz Uenoさん
「concrete5 CMS の未来」


ウェビングスタジオ / 口田 聖子さん
「CMS向けCSSフレームワーク「echo-css」について」


株式会社ロフトワーク / 川竹 敏晴さん
「 1時間おきに異なるCMSで作業をしないといけない呪いにかかってる雑用係ですが、どうしたら楽になれますか?」


セッション

メインセッションでは、講師として株式会社エイチツーオー・スペース の たにぐちまこと さんにご登壇いただきました。


株式会社エイチツーオー・スペース / たにぐちまこと さん
「WordPress 5.0で変化する CMSと Webサイト制作のこれから」

セッション前半では、WordPress 5.0 の最新事情と新しい制作ワークフローのポイント紹介。後半ではCMS全体に話を広げ、近年普及が進んでいるJimdoやWixなどのビジュアル型サイト制作ツールがWebに与える影響についても考えていきました。また、今後のCMSが向かうべき方向性についてもお話しいただきました。


今回のWCANも多くの方にご参加いただけました。ありがとうございました。次回は11月10日(土)です。こちらも是非ご参加ください。


2018年11月以降のWCANのスケジュール