14ページ目

WCAN 2018/04 〜 AQUENT Presents 〜 マーケティング発想を取り入れたウェブサイトの画面設計


ウェブサイトのページ構成を考える際に、「マーケティング発想」を取り入れることで、成果(コンバージョン数など)が上がる可能性が飛躍的に高まります。キャンペーンサイトやランディングページ、コーポレートサイトや採用サイトなどを例に、マーケティング発想の画面設計への取り入れ方、用意しておくとよいエリアやコンポーネント、効果測定の準備の仕方など、実務に役立つポイントをお伝えします。

講師

株式会社まぼろし 益子 貴寛 さん

1975年、栃木県宇都宮市生まれ。Webサイトの企画、設計、プロジェクトマネジメント、リスティング広告、ソーシャルメディア運用、ランディングページ設計、SEO、アクセス解析などのWebマーケティング全般を担当。特に、ライティング業務とクライアントワークが好き。

主な著書に『Web標準の教科書』(秀和システム)、『ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック』シリーズ(監修・共同執筆、ボーンデジタル)、『実践!コンテンツファーストのWebサイト運用』(監修、ボーンデジタル)など。

社団法人 全日本能率連盟登録資格 Web検定 プロジェクトメンバー。